​訪問看護

​看護師(新入職)

スクリーンショット 2021-11-27 9.09.png

– 今までの経験

外科系が混合された病棟で働かせて頂いていました。

 

高齢の方も多かったのですが、自宅退院を目指す患者さんが無事歩いて帰っていく姿を見ることや、退院後も頑張って過ごせていますと報告を聴けることがやりがいでした。

– 初めて転職して如何ですか?

昼夜働く環境で、生活リズムを調整することが苦手でした。夜勤がない環境になり、生活リズムがとても整いました。

 

病院で経験を積んだ方が良いのかと迷ったのですが、緑地公園訪問看護ステーションでは、病院とは違う経験ができる、経験している看護師から学べるので、転職して良かったと思います。

– 自分の長所

体が強い!!手洗いうがい、しっかり食べて、寝るようにしています 笑

物事を肯定的に捉えるように心掛けているのですが、先輩方によく話を聴いて頂いているのでストレスが溜まっていないのかもしれないです。

– 入職のきっかけ

病棟で向き合った患者さんの生活を見てみたいと思っていた時に、看護学校の同期から訪問看護の話を聴くことがありました。

「生活の場を支える」というのが新鮮でチャレンジしてみたいと思うようになりました。

 

初めは、先輩と一緒に行って教えて頂いています。自分の判断の責任の重さは、病棟よりも医師や看護師と物理的な距離があるため強く感じますが、迷った時はいつでも相談して良いと言って貰えており、本当にいつでも相談できる環境があります

– やりがい、充実感

今は、日々をこなすのに精一杯です。

「これで、本当に良かったのか?」と相談させてもらうことが多いのですが、「それで良かったと思うよ」と言ってもらえることで、一歩一歩 経験を積み重ねさせて頂くことが出来ています。

– 感謝を伝えたい人

看護師1年目のときの指導して下さった先輩。

看護師として、社会人として働き始めた頃から退職前まで、本当に沢山のことを教えて頂きました。患者様ファーストな姿をいつも近くで見ていて、尊敬していました。

自分もそうなりたいと言うのはおこがましいですが、理想の看護師像として、心に留めておき、これからも頑張っていきたいと思います。

– これからやりたいこと

仕事に向き合い、どんどん吸収したい時で、今は余裕がないのですが、自分の時間も大切にしたいと思っています。

 

海外に行ったことがないので、海外旅行に行く、国内の行ったことがない所に行ってみたいです。利用者さんに「良いよ〜」と教えて頂いたヨーロッパに行ってみたいです。