​訪問看護

​看護師(新入職)

スクリーンショット 2021-11-27 9.18.11.png

– 今までの経験

病棟、派遣、訪問診療などで働かせて頂いていました。

訪問診療は、緩和ケア、神経難病の方と多く接させて頂いていました。

 

大阪に引っ越しを機に緑地公園訪問看護ステーションで働かせて頂くことになりました。

– 訪問看護を選択した理由

病院より、ゆっくり話を聴いて寄り添える環境が私に合っていると思い、まず訪問看護を選択しました。

「経験を積める」「専門知識を教えて頂ける」「こちらの風土づくり、働き方づくり」を知りたいと思い、緑地公園訪問看護ステーションに入職させて頂きました。

 

色々な経験と知識を持った看護師やセラピスト、小児から高齢まで利用者さんが沢山いらっしゃることも応募した理由の一つです。

– 尊敬する人

訪問診療に誘って頂いた看護師さんです。その方は、最後は家で過ごしたい患者様のためにと、休みの日も働くタイプの方でした。

 

困ったところに、手を差し伸べてくださる人でしたが、体を壊すこともありました。その方の影響で、訪問看護で働きたいと思うようになりましたし、働き方づくりに興味を持つようになりました。

– 入職してみて

1回目 先輩の看護を見て、2回目 一緒に実施させて頂いて、3回目 見守って頂ける働き方、それが出来る体制は安心感があります。

利用者さんから色々なことを教わるのが多く、人生の大先輩と接することが出来て楽しいです。

 

– 今、やりたいこと

前回の職場でリンパ浮腫、癌末で悩まれる方が多かったので、浮腫のセラピスト資格を取得しました。

 

浮腫の​施術は、1回40分必要になります。浮腫の​施術を主とすると、訪問看護として入りにくくなるので、訪問看護と浮腫の​施術のバランスについては考え、相談していきたいと思っています。

– これからについて

緑地公園訪問看護ステーションは、とても相談しやすい環境です。働く人同士を大切にする、尊重する風土があるので安心感があります。どうやってそういった環境になっているのかは分からないのですが 笑

 

沢山相談させて頂きながら、利用者様の個別性に合わせた対応ができるようになって行きたいと思っています。