top of page

​訪問リハビリ

​管理者

(作業療法士・メンター)

DSC05820.jpeg

– 入職の経緯、働きがい

7年ほど前に、山口から妻の実家のある大阪に転居して来ました。入職前は、病院や介護老人保険施設(通所、訪問看護ステーション)で経験を積んでいました。

土地勘のない私でも事前のオリエンテーション、同行訪問もあり安心して働くことができました。


現在は、小児や難病の方を多く診させて頂いていますが、機能訓練だけでなく、生活をどのようにサポートしていけるか、ご家族さまや関連職種と一緒に考え、リハビリ提供できる事に働きがいを感じます。

 

– 現在の役割

3歳〜100歳ぐらいで、様々な疾患をお持ちの約800名のご利用者さまに関わらせて頂いています。ご利用者さまの希望と、看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の強みとマッチングができたり、現場に集中的にできる環境づくりが役割の一つです。

 

心理的安全性を高めたり、職員が会社のマインド共有していけるように、個人面談や参加型の研修、事務所内でのコミュニケーションを積極的に行っています。

– 今後の目標

一回の訪問時間の40〜60分で何かしら変化を出したい。

ご利用者さまの満足度の向上、ご利用者さまと遠い親戚のような関係性で、生活に入っていきながらサポートしていけるスタッフを増やしていきたいです。

あと、成長したい人、独立したい人、稼ぎたい人、合間で働きたい、多様な人が働ける環境づくりもしていきたいと思っています。

 

 – 社長はどんな人?

行動力、洞察力に優れた社長です。スタッフ一人一人を早めにフォローされています。

 

– 役割の変化

セラピストのメンターという位置付けから、会社も事業所が増えるなど成長し、他職種との間に入ってチームのバランスを見ていく位置付けで動かさせて頂くように変わりました。

 

専門職としての視点も必要ですが、訪問看護ステーションの としての専門職の在り方を深く考えるようになったり、ご利用者さまの満足度を働いてくれている看護師・セラピストの声を聴きながら、事業所としての意見を固め、関連機関と連携取らせていただくなど、色々な判断基準や価値観があるので、学びと振り返りを繰り返し行う日々です。

 

その中で、事業所としての判断基準や価値観など、風土づくりの一旦を担い、ご利用者さまや働いてくれている人、地域に応えていけたらと思っています。

 

– 人と人の繋がり

日々、各チームでコミュニケーションや合意形成の工夫をしてくれているのですが、対面・電話・文字とやり取りする手段によって情報量や人と人との繋がりが変わるので、いかに情報や人と人を繋いでいくかが大切だと思っています。

 

社長が一緒に入ってやって下さるので、社長だったらこうするよねっていうのと、 管理の人たちと大きく違っていないというのがあります。

会議などの設定された時だけでなく、朝、一緒にバイク出す時、事務所にいる時など何気ない会話などを社長とさせて頂ける機会があるのが大きいと思っています。


何かあったときに、管理グループのチャットに共有・相談が出来る環境があるのも良いと思っています。

大変なことがあっても1人で抱え込まなくて良い、相談ができたり、これで良かったんだと確認や振り変えることが出来るので、凄く成長にも繋がりますし、安心感にも繋がっています。

2024年3月 インタビュー

bottom of page