top of page

​地域連携部

​メンバー

(理学療法士)

DSC05670.jpeg

– 今までの歩み

困ったら、緑地公園訪問看護ステーションにお願いしたら、金さんに連絡したら何とかなるというような、ご利用者さまにとっても、地域にとっても、自分たちにとっても良い状態が自分の思う理想の状態です。

そのためにも、自分ならどうするか?自分の強み・特性があるからこそ対応させて頂ける、貢献できるケースをつくりたい思いを持ちながら働かせて頂いていました。

– 地域連携部として 

地域連携部として働かせて頂くようになり、ご利用者さまだけでなく、地域のケアマネジャーの方や、緑地公園訪問看護ステーションの管理の方ともまた違う視点でコミュニケーションを図らせて頂くことになった自分だからこそ出来ることがあるんじゃないか?と思っています。

地域と緑地公園訪問看護ステーションだけでなく、社内でも管理の方と現場の方との連携がより良くなっていくようにと思っています。





 

– これから

情報収集力がまだまだ足りていないと思っています。
どう動いていくか?を自分でリサーチをしたり、人に聴いていき、不足している部分や戸惑いを払拭していかないといけないと思っています。

まずは、求められること、役割を果たせるように努め、その先に、自分の色味を出していけたらと思っています。

そこが出来るようになれば、もっと仕事が楽しくなってくるというところがあります。

戸惑いや不安は、絶対にあるものであって、そういうものがないと成長には繋がらないと思います。

やっぱり何か不安とかがあるから、その不安を拭い去るために何かを得に行く、 それが無くなってしまえば、成長も止まってしまうだと思います。

 

自分がステップを一つ登れば、また、そこで違う景色があって、そこでの戸惑いとか不安っていうのもおそらく出てくると思っています。
これからも、一つ一つ、自分で乗り越えて行きたいですし、チームで乗り越えながら、自分たちの成長や変化を楽しんでいけたらと思っています。

 

bottom of page